09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

2013 第95回全国高校野球選手権記念大会 夏のあとがき  


西浦達雄さんの数ある曲のせてこの夏の甲子園を振り返る「夏のあとがき」
毎年の楽しみのひとつで、何度も視聴してしまいます♪ 


テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

甲子園  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

コメント

最高の決勝で幕。1本にちぎれぬものか優勝旗o(`^´*)!!

西浦さんの曲を何気なく聞いていてメージするのは、最終打者が一塁へヘッドスライディングするシーンでしょうか。審判によるアウトのコールも空しく暫く起き上がれない(起き上がりたくない)選手の様々な思いは想像するだけで胸を締め付けられそうになります。現代っ子はドライで感動がない?などと言われていますが南野ナンノ( -_・)?、今大会は本当に涙に暮れる選手たちが多かったですね。選手だけでなく準優勝に終わった延岡学園の監督さんもアルプスへ挨拶後に感極まれていました。春も含めて九州勢では宮崎だけが全国制覇がなく決勝進出も今回が初めて。若き指揮官の涙は悔しさ半分、次こそチャンスを逃してたまるか!の決意のようなものが見て取れました。閉幕と共に‘次’への戦いの火蓋は切って落とされます。86回の春、96回の夏。各々たった1本しかない優勝旗の重み。前橋育英が近年にない接戦で勝ち得ただけに全国覇者のしたたかさを痛切に感じますねσ(・_・)WAN!

URL | なにわのヒバゴン #-

2013/08/28 00:58 * edit *

訂正します_(..)_

タイトルは‘1本をちぎれぬものか優勝旗’。本文出だしは西浦さんの曲を何気なく聞いていて‘イメージ’するのは。。。。。です。絵になる球児のイージーミスもヒバゴンのそれはバタ臭いだけの草野球テイスト(油ギッシュ)感120%。溜め息と共に秋風が焦燥感をより加速するかのようでリアルに淋しいですね(´。`)・・ha~☆

URL | なにわのヒバゴン #-

2013/08/28 10:32 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://heianphoto.blog.fc2.com/tb.php/213-cf2eddae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。