09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

龍谷大平安vs桐生第一 センバツ甲子園準々決勝 no.3 

準々決勝 桐生第一戦で撮影したお気に入りのショットから。

一枚目のショットはサヨナラ勝ちをし、校歌斉唱の際に撮影したものです。
カクテル光線に照らされた原田監督の表情が個人的に非常に印象的に残ったシーンでした。

準々決勝の写真はno.4 に続きます。



haradakanntoku.jpg











B21W85777jjii8899026_201404131646502db.jpg









B21W8888kkii9900016.jpg
















↓ 恐れいりますが気に入って下さいましたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村



スポーツ写真 ブログランキングへ           

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

コメント

平安球史に残る名勝負、名photoに(^_^)/□☆□\(^_^)カンパイ!!

昨年夏の甲子園で2試合テレビ解説を務められた原田監督。今思うと雄弁でなくともマイクを焦がす(燃やす(笑))が如く一言一言に‘来年はベンチに座るさかい見とけよ!’の忸怩たる悔しさが犇々(ビビビッ!)と伝わり今回の日本一を予感させるムードが私には少なからずありました(^^)。‘何でユニフォームでなくワイシャツ&ネクタイなんや。こんな姿で二度と甲子園に来れるか~!’秋以降の快進撃は甲子園=戦い(全国制覇)の場であるという名将にしか許されないプライドを心に体に叩き込んだゆえの闘将の意地、‘HEIAN’の面目躍如だったのではないでしょうか。     やはり異論なく①枚目がベストphoto!その原田監督の感慨深い面持ち絵になりますね。‘聖地初采配の星稜戦はナイター勝利ゆえに泣いてしもたなぁ。少年時代に憧れた青光するバリオ製のHEIANユニ山根投手カッコ良かったなぁetc。。。と様々に脳裏を駆け巡っていたのでしょうね。昔々甲子園の内野席最上段看板に‘バリオユニフォーム’という広告ありました。マイナーなようでメジャーなメーカーだったんだなと昭和の甲子園がぼんやりと思い出されます。②サヨナラのガッツポーズ河合主将。泥で汚れたユニフォームが泉州貝塚&平安スピリッツ全開!間違いなく優勝へ弾みが付いた瞬間でした。③高橋投手は終始心は熱く体は冷静な?ピッチングだった印象が強いです。元氏→中田両投手のあとをピシャリと封じたことが味方の逆転を呼び込みましたね。 同じ甲子園でもプロと高校野球は全く異質なスポーツに写るほどbaseballは奥が深く観る者を虜にさせます。負けても明日がある(決して余裕はないでしょうが)プロに対してトーナメント敗退、明日からまた地獄の?猛練習が待っている高校球児。何れにも魅力、良さがあり両チームのせめぎ合い、駆け引きが9イニングにギッシリと凝縮されている白球のドラマは何にも替えがたい程に至高最高。青空炎天下、幻想的なナイトゲームで聖地を揺るがす益々の熱戦をエンドレスに期待したいですねφ(゜゜)ノ゜!!

URL | なにわのヒバゴン #-

2014/04/14 01:06 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://heianphoto.blog.fc2.com/tb.php/300-0b963fa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。